脳神経外科

概要

特色
脳血管障害治療センターとして急性期脳卒中、頭部外傷を中心に診療を行っています。最新の治療を積極的に取り入れた治療を行っており、救急受け入れも行っております。

診療内容
脳卒中の治療で良好な結果を得るためには発症早期の正確な診断・適切な治療が重要です。私達の施設では頭部CT・MRI、脳血流測定、脳 血管撮影が迅速に行える環境を整えており、脳卒中専門医が診察・治療を行っています。
外科治療では、術中血管撮影装置や神経内視鏡、手術中に運動機能の評価ができる運動神経機能モニター装置などを駆使した安全・確実な手術を行 うことで良好な治療結果が得られています。また、血管内手術による脳動脈瘤に対するコイル塞栓術も行っています。脳梗塞に対する治療では薬物 治療を中心とし、バイパス手術、頸動脈内膜剥離術といった治療も行っています。リハビリスタッフは急性期病院としては県内最大規模で、早期か らの充実したリハビリテーションを行っています。
当院では、患者さんひとりひとりに合わせた最適の治療法を、脳卒中専門医が急性期治療からその後の再発予防までを含め、一貫して治療を行っています。
また、脳卒中になってしまう前に、未然に防ぐことも非常に重要です。私達は早期から「脳チェック」も行っており、脳卒中予防にも努めております。
皆様の健やかな生活に、少しでもお役に立てることができればと思っております。

脳血管内治療
脳血管内治療は血管腔に細い管を通して、脳に触ることさえなく頭蓋内の血管病変などを治療する方法です。本装置により、患者さんの治療の 選択肢も増えるとともに、身体への負担をより軽減する安全な治療をご提供する事が出来るようになりました。

診察スケジュール

※担当医師名をクリックするとプロフィールを見ることができます。

曜日 午前(午前9時~昼12時) 午後(午後2時~午後5時)
担当医 担当医
担当医 担当医
担当医 担当医
担当医 /
非常勤医師(昭和大学) ②
大野 ③ /
非常勤医師(昭和大学) ②
担当医 担当医
担当医

受付時間・・午前8:45~11:45 午後13:45~16:45
診察時間・・午前9:00~12:00 午後14:00~17:00

① 第1診察室 ② 第2診察室 ③ 第3診察室

急患はいつでも診療いたします。

担当医師紹介

永山 和樹KAZUKI NAGAYAMA

  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医